子育て支援第一
-幼児教育無償化の話-

カイ子

マユちゃん、我が娘ながらかわいい。

クワ雄

そういえば、この間連れて行ったときに、お義母さん、『賢そうだ』とか『幼児教育考えてるの』とか、もう言ってたね。

カイ子

教育のこと、考えたいのはやまやまなんだけどねえ。

どうされましたか?

公明党
八王子市議会議員
ごま浩
クワ雄

あ、ごまさん。

やあ、これはかわいいお子さんだ。

公明党
八王子市議会議員
ごま浩
カイ子

この子の教育をそろそろ考えようかな、とは思うんですけど。これからかかってくる費用のことを考えると、どうしたらいいんだろうって。

もう教育のことを考えていらっしゃるとは素晴らしいですね。かのラリー・ヒックマン氏も、『教育の目的は子どもの幸福である』と示しています。

とはいえ、さまざま費用が掛かってくることも事実。私も三人の子供の父として、よくわかります。

公明党
八王子市議会議員
ごま浩
カイ子

そういえば、高校の授業料が無料になった、というのはニュースで見ました。でも、この子が高校生になるのはずっと先です。何か、私たちにも利用できるよい制度はありますか。

政治は、『世の中の母』の願いを叶えるためにある。

これは、私の信条でもあります。さきほどおっしゃっていただいた高校無償化も公明党が実現いたしました。

続いて『幼児教育無償化』を実現しようとしています。

この幼児教育無償化は具体的には3歳から5歳の幼稚園、保育園の無償化を東京都として目指します。

特に幼稚園は月額約4万円の費用がかかるのですが、子育て世帯の大きな負担になっています。

この負担を軽減するために、都議会公明党、都議会議員東村くにひろが実現に向けて全力で取り組んでいます。

公明党
八王子市議会議員
ごま浩
クワ雄

無償って、どこまでタダになるんですか。私たちは対象になるんでしょうか。

一歩一歩進めています。

2017年度は、年収約360万円未満で、市町村民税が課税される世帯の第一子、第二子の負担が軽減されます。

第三子以降はすでに無償化しております。ひとり親世帯の負担もこれまで以上に軽減され、市町村民税非課税世帯の負担軽減も今まで通り実施します。これから先、さらに負担が軽減されるように努めてまいります。

公明党
八王子市議会議員
ごま浩
カイ子

対象になりそう。ありがとうございます。この子が小学校に上がったあたりで、助かる制度は他にもありますか?

たとえば、テレビドラマなどで、給食費を納められなくて困る子供を見たことはありますか。

あれは、ただの作りごとではなく、実際にいま困っている人がいます。特に小さなお子さんがいる方は、他人ごとでなく心配され、胸を痛められていると思います。

公明党は、『給食費の無償化』も進めようとしています。心配なく、栄養のあるものを、子供がしっかり食べて大きくなれる。そんな安心を届けたいと思っています。

公明党
八王子市議会議員
ごま浩
クワ雄

ちゃんと考えてくれているんですね。

カイ子

ああ、よかった。ずっと子供と向き合っていると、なんだかわかってくれる人が誰もいないような、追い詰められたみたいな気分になることがあって。

そのような気持ちになることも、家庭を持つ身としてよくわかります。不安だな、とか、助けてくれる制度があれば、と思うことがあれば、私達公明党に相談してください。

すぐには実現できないかもしれませんが、一人でも多くの人が希望をもって生活できるように、私たちはこれからも努力し続けてまいります。

公明党
八王子市議会議員
ごま浩


その他記事