胃がん早期発見のため、内視鏡検査の補助制度が実現

総支部ニュース

2018/05/15

市議会公明党が提案し推進した、胃がんの早期発見に効果的な内視鏡検査の補助制度が、平成30年9月より始まります。
検査費用は、通常13,000~15,000円ですが、自己負担2,800円で受診できます。対象は50歳から68歳までの2歳刻みで偶数年齢の方とし(平成31年3月31日時点の年齢)、今年度、検診対象の方には5月下旬に受診案内が個別に送付されます。
詳しくは、広報はちおうじ5月1日付号に折り込みの「八王子市検診ガイド」をご確認ください。